僕らは、粘液質の厚い壁の中に、おとなしく暮していた。



 その辺の思想的背景が『他人の足』に生かされていると思う。