1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

商品説明

グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ おもちゃ・ホビー・グッズ 楽器/器材

グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ

平野楽器 JAPAN VINTAGE GUITAR SHOP,Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】,Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】,平野楽器 JAPAN VINTAGE GUITAR SHOP,22440.0000グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージグレコ タバコブラウン 1977年製 レスポールタイプギター ジャパン・ビンテージ!,琵琶湖おかっぱり ビッグベイトでロクマル捕獲! クリーク チャブ 「パイキー / Pikie」!,伝説の楽器屋店員に聞く、ジャパンビンテージの魅力!Greco編Part1,★なんと550円! Victor G-7 レシーバーアンプ ハードオフ,ジャパンビンテージのベースってどうなの??【教えてカリベさんvol.1】,1981年CB750Fボルドール2(鈴鹿優勝記念150台限定車)参考動画,
グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ

モデル:m73868172409-lRhTUp11

通常価格22440.0000円(税込)

商品説明

商品の説明美品!70年代のグレコのPB750 、元フリーやフェイゼスに参加していてた、山内テツのシグネーチャーモデル、当時75,000円、

状態の良い個体です、ほとんど弾いていない様でフレットの減りもなく、ネックの状態も良いです、ペグがくすんでいる以外はほぼデッドストック状態、これほど良いジャパンビンテージの物は中々無いと思います、

宜しくお願いします。

(ハードケース付)

商品の情報
カテゴリーおもちゃ・ホビー・グッズ*楽器/器材*エレキギター
製品の色ホワイト系/ブラック系/
商品の状態やや傷や汚れあり

ヤフオク! -「グレコ ベース」の落札相場・落札価格


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


ヤフオク! -「グレコエレキベース」(楽器、器材) の落札相場・落札価格


平野楽器 JAPAN VINTAGE GUITAR SHOP


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


平野楽器 JAPAN VINTAGE GUITAR SHOP


シビレタヤツらが集まるんだ!【ジャパン・ヴィンテージ編】PART7


greco 750の値段と価格推移は?|18件の売買情報を集計したgreco 750の


グレコ ベースの値段と価格推移は?|196件の売買情報を集計したグレコ


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


ヤフオク! -「グレコエレキベース」(楽器、器材) の落札相場・落札価格


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


平野楽器 JAPAN VINTAGE GUITAR SHOP


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ - www.olongapocity.gov.ph


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


greco 750の値段と価格推移は?|18件の売買情報を集計したgreco 750の


Greco PB750N(ビンテージ)[デジマートSALE]【楽器検索デジマート】


















グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ おもちゃ・ホビー・グッズ 楽器/器材

以下のURLへサイトをお引越し致しました。
【新品-未使用】カルカッタコンクエストBFS HG 左ハンドルhttp://blog.hokosha.com/cg/
これからは上記のURLに更新していきますので、
たまに遊びに来てください。

【概要】

昨今、話題の360度ビデオは、
Ricoh の Theta、Kodak の SP360などの専用カメラで撮影するこが広く知られていますが、3D空間を扱う3DCGソフトでももちろん作成することが可能です。 
Blenderで360度動画を作成し、Youtubeへアップロードするまでの流れを紹介します。 




【Blenderでの作業】 

Blenderで360度動画用のファイルを作成するためにやらなければいけない事はとてもシンプル。

(1) レンダラーを Cyclesに変更

※360度ビデオ用イメージは、Equirectangular(正距円筒図法)を用いたパノラマでなくてはならないが、equirectangularの設定が現バージョンでBlender Interneal Rendererにはないため。

(2) カメラの設定を変更

カメラオブジェクトを選択した後、
Properties Window > Camera panel > Lens
の設定で

・Projection(投影図法):Panoramic
・Panorama Type : Equirectangular

に変更

(3) レンダリング

現在のYouTubeの推奨設定は以下のとおり

・対応fps : 24、25、30、48、50、60
・解像度 : 4K(3840x2160)
・拡張子 : mp4

Spick and Span W/Nyモッサステンカラーショートコート 36Premireで4K動画を書き出す

【YouTubeへアップロード】 

Blenderで作成した動画をただYouTubeへアップするだけでは、今のところ残念ながら360度動画にはなりません。
(1) ソフトをダウンロードし、実行ファイルを起動
(2) 作成したmp4を選択し、Sphericalの選択肢にのみチェックし保存する。
(3) 2で出来たファイルをYouTubeへ通常通りアップロードする。
これは360度ビデオのことではなく視差を利用した3D表現の方です(3Dメガネのやつ)


【参考サイト】 
エアリス ルーナ風 フィギュア 1/6https://www.youtube.com/watch?v=tZgG7n-lhUc
⭐︎【天然】グリーン ガーデン クォーツ ネックレス s925 19mmhttps://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja&ref_topic=2888648



 
blender version : 2.75

【概要】

【テクスチャー設定】

1) テクスチャを割り当てるマテリアルを作成

2) UV Unwrapを行う

3) Blender Render [Internal]の場合

Internalでは、マテリアルに対し
Properties window > texture panel 

で各マテリアル毎のテクスチャスロットにテクスチャを追加したりしていきマテリアルとテクスチャを結びつける。

3) Cycles Renderの場合

Cyclesでは、主にNodeエディタを使いグラフィカルにマテリアルとテクスチャの紐づけを行います。

①Node Editor Window上で

Texture cordinate -> Image Texture -> Diffuse BSDF -> Material Output 
の構造を作る。(※上記構造はあくまで基本形)
 
オブジェクトとメッシュはデータとして独立でき、
必ずしも『単一オブジェクト 対 単一メッシュ』ではないことに注意したい。わかりやすく説明すると以下の様な事になる。

新品未使用 セツコサジテール ピクニックmesh_explain

簡単なメリットとしては、同じような形状のオブジェクトを量産する際は、
【方法】

共有方法は、以下の通り

Properties Window > Mesh Panel > Mesh name box 左横の Meshボタンをクリック > 共有したいメッシュを選択

共有すると勝手にメッシュが変更される。
ex) もともと三角形のメッシュに四角メッシュを共有すると、三角メッシュは四角に変わる。

【参考サイト】

【概要】
 
Blenderのマテリアルは使い回しができるようになっています。また、複数のオブジェクトで一つのマテリアルを共有していれば編集も一回で済みます。

はずかしながら、今の今まで知らなかったので、
サイトタイトル通り、備忘録として残します。

【同じマテリアルを複数のオブジェクトで共有する方法】

Properties Window > Material panel > Material Slot下のマテリアルボタンクリック

現存のマテリアルから好きなものをセレクトできます。

【DataとObject】

Material name box 右横にあるセレクトボックス
DataとObjectが選択できるようになっていますが、Objectを選択した場合は、『オブジェクトそのもの』にひもづけられます。

この違いは、たとえば以下のような場合に現れます。

ex)複数のオブジェクトで特定のメッシュを共有していた場合(モンクレール ウールダウンコート詳しくはこちら

【参考URL】

<同じマテリアルを複数のオブジェクトで共有する方法>
http://wiki.blender.org/index.php/Doc:JA/2.6/Manual/Materials/Assigning_a_material 

<DataとObject>
https://www.blender.org/manual/render/blender_render/materials/assigning_a_material.html#id5 
【概要】
Blenderのメッシュは、ポリゴンの集合であり、
それだけでは、ポリゴン数を増やすしか表面をなめらかに見せることはできません。目的の形状を作り上げなければなりません。

これを実現するために、
Blenderには、主に以下の方法が用意されています。

【ShadingによるSmoothing】
実際には、形状を変えずに、見た目上滑らかに見えるようにする方法

1.Smooth Shading
┣全てをスムース 3D-View > Object Mode > Shelf > Tools > smooth
┣一部をスムース 3D-View > Edit Mode > Shelf > Shading/UVs > Smooth(faces,edges,vertices)

2.Auto Smooth
1で指定したSmooth Shading有効範囲の内、
ある一定の角度以下をSmooth Shadingする。
(簡単な形状であれば、1,2を行うことで自然な見た目にできる)

Properties Window > Mesh's panel > Auto Smooth > 0 - 180d

【Edit Mode の Mesh editing tools によるMeshの変形】
上で記したShadingで見た目上の違和感などを取り除けない場合、
実際にMesh形状に変化を加える事により、滑らかな形状を実現する。
※ここでの変更は実際にメッシュを変化させるため、元のオブジェクト形状を壊すことになる。

1.Smooth※自動でポリゴン数を増やすことはしないので、事前にEditMode > Hot Key "W" > Subdivide などで、形状変化ができる程度のポリゴン数を確保する必要がある。

Edit mode > Press Hot key "W" > Smooth  

2.Laplacian Smooth
Smoothとは異なる計算方法(Laplacian)により、
選択範囲の角度をなめらかに変形する。

通常のSmoothと異なる点は、なるべく元の形状を保持しながら、なめらかになっていくところ。
Laplacian Smoothは、最適化された3D空間に不要な、
実世界の形状(一見なめらかだけど、近づくと小さな不要な凹凸がある等)
を解消するために非常に有効です。
 
※自動でポリゴン数を増やすことはしないので、事前にEditMode > Hot Key "W" > Subdivide などで、形状変化ができる程度のポリゴン数を確保する必要がある。

Edit mode > Press Hot key "W" > Laplacian Smooth
 
3.Subdivide Smooth
Subdivideと、独自のSmoothを同時に行う。
より、オーガニックな形状になる。(Cubeだと、四辺が膨らむ)

Edit mode > Press Hot key "W" > Subdivide Smooth

4.Bevel
ベベルを追加

Edit mode > Press Hot key "W" > Subdivide Smooth

【ModifierによるMeshの擬似変形】
上で記したShadingで見た目上の違和感などを取り除けない場合、
実際にMesh形状に変化を加えず、擬似的に変形させる事により、滑らかな形状を実現する。
※ここでの変更は実際にはメッシュを変化させないため、元のオブジェクト形状を保持することができる。
 

グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ - www.veluwe-trekbikes.nl

1.Smooth Modifier

上記Mesh editing toolsのSmoothと同じ効果。
vertex groupsに登録した頂点への適用が可能。

2.Laplacian Smooth Modifier
上記Mesh editing toolsのSmoothと同じ効果。
vertex groupsに登録した頂点への適用が可能。

3.Subdivision Surface Modifier
※上記Mesh editing toolsのものとは異なる通常のSubsurf。
特定箇所の角度調整方法は以下の通り。(ウェイト設定)
・Modifierを追加
・Edit Modeで適用範囲を選択
・Hot Key "Shift + E"  > マウスを動かしWeightを調整 

4.Bevel Modifier
上記Mesh editing toolsのSmoothと同じ効果。
特定箇所への適用方法は以下の通り。(ウェイト設定)
・Modifierを追加
・Bevel Modifier Panel > Limit Method > Weight
・Edit Modeで適用範囲を選択
・3D View > Properties(Hot Key "N") > Transform > Edge Data > Bevel Weight > 0-1

※ ウェイト適用辺を可視化したい場合は、3D View > Properties(Hot Key "N") > Mesh Display > Benel にチェック 

グレコPB750 (テツベース)ジャパンビンテージ おもちゃ・ホビー・グッズ 楽器/器材

プレイステーション5 デジタルエディション プレステ5 ps5↑このページのトップヘ